食べ物“アラカルト”グランドメニュー。(2016-4-8更新)

冬のグランドメニュー

最近の新メニューは→もんよう公式ブログをご覧下さい。

会席料理は→こちらです。

旧加賀料理の代表『「鴨のじぶ煮』。

鴨のじぶ煮

鴨と野菜と生麩をあっさり煮込んでとろみをつけて、
ワサビの風味でいただきます。

加賀名物!蓮根のはす蒸し

『加賀蓮根のはす蒸し』は当店の名物的な人気メニュー(冬季のみ)。

様々な具材に加賀蓮根がもっちり絡み絶妙の旨みと食感を生み出します。

とてもおいしいですよ。

(ランチタイムにはご提供できません)

***

お刺身!

おさしみ

お刺身はたいがい3種類盛り合わせをご用意しております。

毎日近江町市場へ行って、その日いちばんよかろうと思われる素材を仕入れてきます。

 

お刺身はその日によってテーマがあることがあって、たとえばこれ

青魚の刺身盛り合わせ

は、「青魚の盛り合わせ」。

全部地物の青魚(寒ブリ、サバ、イワシ)で1000円。

居酒屋でありがちな茹で蛸やサーモンは入りません。

お刺身は同じ魚の内容でカルパッチョに変更できます。

刺身orカルパッチョ

お好きな食べ方でどうぞ。

***

最近の料理はけっこうがんばって更新しているブログをご覧下さい。→こちら

(facebookはさらに頻繁に更新しております→こちら

 

店内の黒板メニューも随時更新。

黒板メニュー

 

***

 

定番エビと野菜の天ぷらもんよう風、800円。

天ぷらもりあわせ

 

いろんな魚のからあげ、おつまみ風。

魚のから揚げ

他、揚げ物メニューは豊富です。

***

もんようはお肉料理も得意。

和牛ステーキ

和牛のステーキ。

特性オニオンソースでどうぞ。

***

和牛スネ肉を箸でホロホロに崩せるぐらい柔らかく煮込んだ

和牛煮込み炙り。
赤ワインにぴったり!

***

豚ロースの西京焼き。

豚の西京焼き

鶏のいわゆる白レバーのソテー。

濃厚赤ワインソースで。

***

話題沸騰中、北陸を代表する焼き魚ノドグロ

のどぐろの塩焼き

(不漁や価格高騰のため入荷が無い場合があります)

***

開店前は思いもよらなかったんだけど、なぜかグラタンが人気料理。

ウナギとアボカドのグラタン

ウナギとアボカドのグラタンは粉山椒の香り。
これは大ヒット!

モツモツグラタン

モツモツグラタンは豚のシロとトリのレバーとハツを甘辛に炒めてグラタンに。
モツの食感とホワイトソースの絡みが最高です。

カレーグラタン

季節のグラタンもお楽しみに。

どれも800円です。

 

チーズの陶板焼きもあります。

チーズの陶板焼き

***

ポテトガレットサラダ。

ポテトガレットサラダ***

細切りしてカリッと焼いたポテトガレットで、
いろんな野菜を挟んだホットサラダ。

おしゃれ~。

***

鱈の白子料理は得意中の得意(10月~翌2月まで)。

これは2014年の白子料理『明太マヨ焼き』1000円。

白子の明太マヨ焼き

能登牡蠣を使ったカキの天ぷら。

カキの天ぷら

***

おとなり富山の特産品ですが、シロエビのパラパラ揚げ。

シロエビ

 

***

2015年の秋より始めたアヒージョ各種がかなり好評です!

アヒージョ

が、諸般の事情により2016年12月現在お作りしていませんのでご注意下さい。

 

***

〆のご飯ものは各種雑炊におじや、

牛スネ煮込みおじや

ダシ茶漬け。

だし茶漬け

チャーハン、

ホタルイカチャーハン

蕎麦やそうめんなどいろいろ、

 

自家製アイス

 

自家製デザートまでがっつりOKです。

基本的にアラカルトの店ですのでご来店後にメニューを見てご注文下さい。

***

金澤もんようの会席コース(4人~8人)は3500円から500円刻み。

下の写真のセットリストは・・・前菜、、お造り、焼き物、蒸し物、
揚げ物、グラタン、酢の物、雑炊、プチデザートで4000円。

全てひとりにひと皿で提供いたします(大皿に人数分盛り合わせではありません)。

内容はその日の市場の入荷状態や仕込み具合で毎日変わりますが、皿数はこれぐらい出ます(8~10皿ほど)。

4000円、5000円など、ご予算に応じて使う素材(海老やノドグロ、ウニなど)や

品数が変わってきます。

観光のお客様には鴨の治部煮など加賀料理も入れることができますのでお気軽にご相談下さい。

会席jコース

 

★コース料理は4人以上で数日前までにご予約下さい。

★日曜祝日は承れない場合がございます。

★飲み放題メニューは→こちら

ご予約は

076-263-7666

まで。

***

仕入れは主に近江町市場。

毎朝のように行っては新鮮なものを物色しています。

近江町市場

今日はどんな魚に出会えるかなぁ。

もどる